【奥越】  スノー衆2018PART4 快晴 超展望 霧氷 薄雪化粧の堂ヶ辻山



【山域】  奥越 堂ヶ辻山1205.5m
【ルート】 黒谷出合付近7:10---P974m9:00---P1109m9:55---人形山11:38---堂ヶ辻山12:40/1420---P1131m15:30---852m標高点---駐車地16:45
【天候】  ガス雲海を経て快晴
【メンバー】山日和(CL)、バーチャリ、ひいちゃん、biwaco、グー、kasaya、クロオ kitayama-walk、わりばし、keikoku、あめちゃん、わしたか、SHIGEKI
      (敬称略、順不同)




 29回のスノー衆史上ベスト5に入ると山日和氏をして言わしめる会心の雪山だった。
いつか同氏が「ピンチヒッターの堂ヶ辻山」とのタイトルでrepされたのを読んではいたが、なんの本番、2018季 4番バッターサヨナラ満塁ホームランの堂ヶ辻山でした。
個人的にはNO1 そう 過ぎ去ったことは記憶の彼方、今が一番なのです。

集合地は九頭竜道の駅、前夜に到着したがJR駅に併設された単なる駐車場
JR駅のトイレまで寒空を歩かねばならずこれでは眠る前のおしっこで目が覚めてしまう。 駅のど真ん前の駐車枠で静かな?一夜を過ごした。

さて今季は落下運動のやり過ぎで酷い腰痛を発症してしまい養生中でこのところの3回のリハビリ山行を経ての待ちに待った本番である。
 さらに、今回は【装備】スノーシュー、ストック、ピッケル、アイゼン、・・とあり、不肖新規購入したピッケル ヤフオク 8000円 CAMP CORSA 205gと中国製14本爪アルミイゼン 5000円 480g を活用?する日がやってきた。

最初は無雪の林道歩き、久しぶりに出会った方たちと旧交を温め情報交換するにも適度な足慣らしだった。
右手の植林の尾根に取り付く、急登だが締まった雪がしっかり付いており、スノーシューのフレームとヒールリフターが気持ちよく決まるが汗が噴き出すしんどい登りには違いない。
 やがて、植林を抜けると、薄れゆくガスと覗きはじめた青空がなんとも言えない優しい色合いのブルーグレーのベールで山毛欅林を包み込んだ。
もう一息、広がりはじめた青空に向かい急登一発、振り返れば、雲の上に出たことがわかった。




P974は展望台地 目の前に縫ヶ原の絶壁、右手には御嶽が霞んでいた。
ここからは、霧氷の映える空のした、惜しげもなく散りゆく霧氷片の大歓迎を受けながらの雪稜漫歩となった。

P1109からは真っ白なドームの銀杏峰が大きい。
新雪で薄化粧したたおやかな稜線は獣の足跡もなく、霧氷の氷片が煌めいているだけで優雅な曲線を伸ばしている。
 こんな汚れのない雪稜をヤブ変人たちが踏みにじっていく。
大きく踏み抜いてもコケても足の二本や三本折っても全て受け入れようではないか!
純白の雪稜に今立ったのだから・・・
と思ったのは多分不肖Sだけだろう。
ほぼ白昼夢の中を彷徨うようにP1139に辿り着いた。まだ、夢の中のようだ。

地形図を見ると一目瞭然、ここから線が詰まって下り、登っているのだ。
しばらくはスノーシューでヤブの急斜面を無理矢理降下するが、さらなる急斜面のダウン&アップを見据え、アイピケ使用の指示がくだる。

 稜線を行こうとするが、進行方向左側(東側斜面)はすっぱり切れ落ちており、右へ逃げながらしかもヤブを潜ってうっすら新雪の乗った堅雪の急登を攀じる。
205gのピッケル、中国製のアルミアイゼンがしっかり雪面を捉えているではないか!!
登り切った人形山は日輪とともに輝いていた。




打って変わってまたもや長閑な雪稜漫歩で1140ピークに立ったのは12時15分だった。
「腹減った人〜」の問いかけにエエおっさん達が「は〜い」と全員ウルウルまなざしで手を上げた。ここで情に流されては有象無象のヤブ変人をまとめる立派なリーダーとは言えない。
さすが、冷静なYリーダー、「はい」とわかった風を装って「ちょっと狭いから堂ヶ辻山頂までがんばりましょう」とキッパリ!!
宴会場にイヤ ランチ場に妥協はないのだ。これこそ(決してこれのみではない?)ヤブ山行リーダーの真骨頂だ。

ところが、またもや地形図を見ていただければおわかりのはずだが、短いが片側スッパリ切れ落ちた急な降下と登りである。宴会前の イヤ ランチ前の雪庇踏み抜きとヤブこぎで晴れて堂ヶ辻山頂、みんな無事に登頂いたしました。
まさしく絶景と快晴無風の陽だまりでの祝宴となりましたのであります。



 帰りの尾根も素晴らしい雪稜でした。
ここで山の神にお詫びがございます。
寄る年波に勝てず、下山する筋力を保持し得ずに緊急避難・・的な とはいえ
純白の雪稜をヤブ変人のケツで汚してしまったことを・・・
60数余年(前後数年を含む)を経ても無邪気に滑っただけで何ら悪意はございません。



この期に及んで128mの登り返しはきつかったが、P1131から見る北、東方向の絶景で疲れが吹き飛んだ。
最後まで雪に戯れながら急な尾根をくだったら、ピンポイントで出発地に辿り着いた。
考え得る最高の雪山にいざなってくれた山日和さん、楽しく同行していただいた皆さんほんとうにありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

       では また どこか 妖精たちの花園で

             SHIGEKI




                                             home

inserted by FC2 system